風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
長い遠足の終わりに
いよいよ日本へ。
20ヶ月弱の留学生活は、長い長い遠足のようだった。
一所懸命準備をして、持ち物確認をし、いざ遠足、現地に着いたら予期せぬハプニングもあり、でもいい思い出もたくさんでき、名残惜しさと心地よい疲れと共に家路につき・・・

長い長い、と先ほど書いたけど、もちろんあっという間でもあった。
つい2,3日前に来たばかりなのに、と思うほど短いようにも感じるけれど、経験したことを思い返すとまぁなんてみっしり!という、不思議な感覚。

人間は、楽しいときほど時間のたつのを早く感じるようにできているのだそうだ。
だから、あっという間だったなぁと思うということは、それなりにそのときが充実していた証拠!
・・・というのはYaちゃんの弁。
ありがたし。

ただ1つ、やり残したことが。
遠足につきものといえば・・・そう感想をまとめた作文。
ESADEについて、MBAについて、まとめたい・・・別の記事にて。
こんなブログを見てESADEについて質問してくださる方も少なからずいらしたので、やり遂げるぞ(自分への誓い)。
スポンサーサイト
page top
最後の日 だけど最後に ならぬよう (帰国に際して一句)
Barcelona最終日。
Semana Santa(イースター)から続いていた肌寒い日々、結局あまり好転することなくこの日が来てしまった。

ちなみに懸案事項である荷物、今日また少し別送したけど、それでもまだ重量オーバーであるのは確実。
授業で習ったNegotiation Skillを発揮すべき時。

最後にふさわしく、この生活でできた1番の宝、友人たちと1日を過ごすことができた。
お昼間はholakuniちゃん・小鹿&Yu夫妻とランチ、夜はMaのバースデーパーティー。

これを最後にしない!と思っていても、それがポジティヴなものと頭では分かっていても、やはり別れは切ない。

この期におよんで、まだ実感がわかない。
page top
空っぽにならない部屋
約1年半住んだアパートを引き払い、ホテルに移動。

日本とは違い家具つきのアパートに住んでいたので、荷物をまとめてもまとめても出て行く気がしない、なんだかヘンな感覚。
前の住人が置いていったものもあったりして、それに便乗して持って帰れないもの(で使ってもらえそうなもの)はすべて置いていくことに。

そして、恐怖のスーツケース詰めはというと・・・できた荷物はこんなカンジ。
1.スーツケース(大)→今にもはじけそう
2.スーツケース(小)→はじけはしないけど重量級
3.紙袋×2→中身は軽いが、かさばっている
4.ビニール袋(巨大)→1と2に入らなかったモノがここに
5.ビニール袋(中)→同上

4と5は、まったくの予想外。
そして、チェックインしようとしている1と2の重量が、制限の2倍弱・・・ガーン。

夜は、小鹿&Yu夫妻行きつけのタパス屋にて。
あまりにおいしかったので、詳細は別記事にUp予定。
パートナー会社の方々が、2年めのワタシを課長だと思っていたという話で笑ってもらった。
復職したら、ますます貫禄がついたといわれるのか、丸くなったといわれるのか、はたまた使えなくなったといわれるのか・・・・
page top
思い出の分だけ
日本へ送る荷物の搬出日。

やっぱりというよりも、予想以上に荷物が増えていた。
授業で使ったプリントや本(重く、そして高い)ははみ出すだろうと思っていたけど、身の回りの品でさえも船便(=自己負担)にまわることに。
あんなに自重していたのに、あんまり服も買わなかったのに、どういうことだ~。

そして、それにも入らなかった、いや入れなかった荷物を見た小鹿ちゃん夫妻に、「・・・ホントに帰国するのか!?」と言われた。
いちおうその方向です・・・(-_-;)
明日のスーツケース詰めがこわい。
page top
Adiósのかわりに
午後早く、ESADEへ。

セレモニーに来ることのできなかった、スペイン語の先生Mercheに会う。
誰かについて語学を勉強するときは、ことのほか先生との相性が重要だと思う。
この点に関して、Mercheはワタシにとっては本当にすばらしい先生だった。

ただ、自分の中でめざしていたレヴェルまではいかなかった(これは自分のせい)。
これは、バルセロナを離れてからの課題。

その後、Th&Ma、そしてYuとビーチに面したテラスでランチ。

ESADEを出るときまでは暑いくらいだったのに、時間がたつにつれ肌寒く・・・
先週以来、どうも寒い日の続くBarcelona。
旅立つ日までに暖かくなっておくれー。

Th&Maとも、今日が最後。
彼らにも本当によくしてもらったし、Maとは旅行もしたので、いろいろな思いがこみあげる。

だけど、Mercheのときと同じように、!Adiós¡(さようなら)と涙するかわりに、¡Hasta luego!(またね)で明るくお別れ。
それぞれの地で時を重ね、また会うのを楽しみにしたい。


Barcelonaのツインタワー。近くを通ったのでパチリ。
高さが同じなだけ(たぶん合わせたのだろう)で、見た目はかなり違う。
タワーの一方は、リッツホテル(通称アーツ)。
page top
歌いおさめ
ClassmateのKe(マレーシア出身)たっての希望で、KARAOKEへ。

日本みたいに、通信カラオケなんてものがあるはずもなく・・・
ラインナップがまずヘンテコリンで、懐メロばかりかと思いきや、MONGOL800なんかがある。

表示される歌詞も時折欠けている(ので、想像力または記憶力が要求される)。

そして極めつけは、歌の並び順が文字数順であるということ。
たとえば、『氷雨』だったら2文字。
アーティスト順、歌詞順なんてものはないので、おめあてを探すのがめちゃめちゃ難しい。

ただ、もう当分来ることはないと思うと、それさえもいとおしい!?


2:00になったら帰って、と言われたので、店員のお姉さん(左)を巻きこんで延長に成功!
お姉さんの左で踊っているのが、それを成功させた我らがKen。

Keが思いのほか(失礼^_^;)上手でビックリ!
最初はまったりスタートだったけど、Keが知っている日本の歌(マッキーの『もう恋なんてしない』とか)もあって、最後のほうはかなりの盛り上がり。
日本カラオケ界^_^;復帰に向け、よい歌いおさめとなった。
page top
どっちだろう
ママンのお誕生日。
本当はもう帰国しているはずだったのだが、レポートがあるので延ばしてもらった。
2年連続で遠くからお祝い。
おめでとうです。

・・・のどのイガイガがひかない。
いつもの風邪なら2,3日で咳へ移行するはずなのだが、その気配もなし。
(日本の)花粉症でググると、のどのイガイガもマイナーではあるが症状の1つらしい。
うーん、なんなんだ。

東京で、桜が開花したとかしないとか。
ちょうど帰国のころに満開かな。楽しみ♪
© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。