風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
プリザーブドフラワー

両親からの誕生日プレゼント。
湿気と直射日光に注意すれば、年単位でその美しさを楽しめるとか。
花のある生活とは最近ゴブサタだったので、大変うれしかった。

ありがとう(*^。^*)
スポンサーサイト
page top
液種製法で作るパン・ド・カンパーニュ

今月のパン教室、第5回。
パン・ド・カンパーニュとブルーベリーとオレンジのコンフィチュール(ジャム)。

パン・ド・カンパーニュというのは、訳すると田舎パン。
全粒粉とかライ麦とか、精製度の低い粉を混ぜて焼き上げることの多い、素朴なパン。
クープナイフというちょっと変わった形状のナイフで切れこみを入れるのであるが、今回はうまくいった!(十文字の切れ目ね)
また、いつものドライイーストだけでなく、今回は液種というものを使用。
液種とは、強力粉+イースト+砂糖+塩を多めの水で混ぜ、数十分発酵させた液体状のもの。
こちらを通常の材料に混ぜて使っていく。
さらに、イーストも前回使った、パネトーネマザー粉末酵母にて。
さらに今回は、全粒粉やモルトパウダーなども投入し、30℃でゆーっくりゆーっくり発酵。

持ち帰って食べてみたら、外はかりかり、中はふんわりもっちりしてて、なかなかよい出来。
これまでは、このようなハード系パンより食パンや惣菜・菓子パン系が好きだったので、自分の中では意外な発見。
やっぱり、時間をかけて作ると、いいんだな~。

コンフィチュール、というかジャムも手作り。
ブルーベリーとオレンジを砂糖と混ぜて、ことこと煮詰めていく。
オレンジの酸味とさわやかな香りがいいアクセント。
個人的にはブルーベリーの皮はとれていた方がうれしいな・・・^_^;

梅仕事とかあんこ作りよりは時間は短くてできるけれども、じっと集中できるのがよい。
将来はジャムおばさんってのも、いいかもー。

ABC_101128.jpg
発酵にとても時間がかかるので、合間にこんなものも作った。
大豆と押し麦を使った、カレー風味のスープ。
右は、プチトマトとらっきょうのサラダ。
らっきょう・・・何とか食べられた^_^;
page top
フワフワ
 ABC_101127.jpg
朝からドーナツ揚げました。
シナモンシュガーをふって香ばしく。
揚げたてはフワフワで幸せー♪
page top
メルシー

会社からのごほうびで、ランチにフレンチをいただいた。
ただ今から思い返すと、ひどい風邪でほとんど味がわからなかった・・・orz

記念に、メニューを書いておこう。

・シェフからの贈り物(ダイス型のお肉)
・天然真鯛の昆布風味に煎酒の香りと唐墨のアクセントで
・有機カボチャのクリームスープ アーモンドのカプチーノに栗を添えて
・鮮魚 スズキのポワレにリヴィエラ風リゾットを添えて ア・ラ・プロヴァンス
・和牛のグリエ 備長炭で焼き上げた秋茄子を添えて軽いジュとともに
・抹茶の香るラ・フランスのコンポートにフランボワーズのアイスを添えて
・コーヒー、ハーブティー
・小菓子
page top
忘年会2010スタート!?

フライング気味な気がとてもするが、時期的に忘年会の第1弾といってよかろう。

写真は、利尻産赤ウニを海苔で巻いた天ぷら(本当は・・・シソも巻かれるはずだったのだが・・・)。
軽く火を通すと、すごく甘くなるのだねー。
いつも新しい驚きがあるな~。

この日のセットリスト(☆は天ぷら以外のメニュウ)、この日は少なめのコースに赤ウニを追加:
☆お刺身(銚子産金目鯛)
・えび(頭)
・えび
・ししゃも(本物の)
・しいたけ+えび?すり身詰め
☆カイワレ+大根サラダ(いつもの)
・利尻産赤ウニ
・アスパラ
・牡蠣(追加してもらった)
・レンコン
・穴子
・天茶
☆黒糖アイス
page top
前夜祭

おっと・・・

あらよっと!
20101121.jpg
page top
噴火しよっと!

桜島を一周するというバスツアーに参加。

鹿児島市内の小学生はヘルメット持参で登校、とか、降灰のためほこりっぽい車が多い、とか聞いたいろんなこと、納得~。
何より驚いたのは、活火山の島で生活している人がいるということ。
しかも、今年は本当に噴火(火口から噴き出す固形物が100~300mで垂直または平行に飛ぶこと、それより広範囲の場合は爆発)が多いとのことで、もう800回を超えているそうだ。
この日も、写真向かって右側の火口から煙が上がっていたし、桜島大根の畑にもうっすら灰が積もっていた。

とにもかくにも、雄大という言葉がとてもよく似合う(加山又造氏の『火の島』にもよく表れている)。
page top
これがホントの温泉卵なう

page top
ねぎま鍋
人形町にて会食。
勝手知ったる、と言いたいところだったのに、迷ってしまった・・・
お店は路地裏にあり、タイムスリップしたようなたたずまい(置屋だった建物を使っているのだそう)。

今夜のメインはねぎま鍋。
ねぎ=ネギ、=まぐろのトロ、で、ねぎま鍋。
その名のとおり、本来はおネギとトロのみでいただくらしい。

透き通った茶色いおだし(かつおだしだそう)の中に、仲居さんが手際よく材料を入れて調理してくれる。
野菜は比較的じっくりと、トロは軽く火がとおるくらいで引き上げ。

dinner_101119_02.jpg
おだしが見た目よりかなりしっかりしていて、追加の味つけは一切不要。
〆の雑炊まで到達する頃には、お腹もいっぱい。

よし梅 人形町本店
住所:東京都中央区日本橋人形町1-18-3
電話:03-3668-4069
営業時間:
昼 11:15~14:00(13:45 L.O.)
夜 17:00~22:00(21:00 L.O.)
定休日:土・日・祝日(ただし12月~1月の土曜夜は営業)
page top
洗濯機を洗濯

通販生活で前から気になっていた、「洗濯槽クリーナー」を使ってみた。
とりたてて問題があったわけではないのだけど、2年余り使い続けていたので、やや気になり・・・
お試しということで2回分頼んだら、思いもかけない大きさと重さの荷物が・・・だいたい、VHSビデオテープ(古い?)4本分くらいの体積。

写真は、ぬるま湯をためて1回分の粉を投入し、軽く攪拌して3~4時間放置した後。
オトナが普通に生活するうえで出す洗濯しかしてないので、この時点でドロドロ~、というわけではなく、泡が多少ブクブクいっている程度。
ということで、ブログに載せても大丈夫なレベルと判断。ま、ちょっと期待してたんだけどね・・・

ところが!
インストラクション通りにこの液体を排水し、標準コースをまわしてみたところ・・・水が灰色!
これが汚れか~~~、としばし呆然。
2回めをまわしたところすっかり水がキレイになっていたので、汚れと確信。
洗いだけするときは、その後必ず槽乾燥コースというのをまわして、かびないように気をつけていたのだが・・・うぐぅ。

これからも、たまにやってみよう。
page top
駄に疲れたワタシに

日常暮らしていると、いろいろ「駄」なものに接せざるをえず、ストレスフルな毎日・・・
そんなワタシに、友人Bが誕生日プレゼントをくれた。わーいヽ(^o^)丿

USBポートに挿して使う、アロマディフューザー。
癒されます・・・
page top
月曜から刺激的
月曜から炙りもつ鍋で、女3人大盛り上がり。
あれやこれや、真面目な話から・・・な話まで、話が尽きない。
の割に、前回いつ会ったか思いだせない健忘症なぴーまんさんとワタシ(正解は、会社のそばの某中華屋)。

入社して全員10年超えて、それなりの悩みもあり、また動きもあり。
果たして来年は・・・!?

ここのところ、左側の頭痛が断続的に起こって困る。
むかーし言われた、緊張型頭痛かなぁ。
page top
これ見ると

年末を意識するねぇ、毎年。
page top
シーフードプラター

前日の夕ごはん。
魚介を軽くボイルして冷たくしめたものを、いろいろなソースでいただく。レモンベースとか、バターベースとか。
この日一番しっくりきたのは、醤油であった^_^;

最近、朝晩の計量を怠っている・・・大丈夫かな。
page top
パン・オ・マロン

秋のパン。
page top
最近のおめざ

お弁当ワゴンに行列中、いい天気だなぁ。

紅葉を見に行ったときに買ってきた、信玄餅。
普通(右)のと、あらゆる材料にこだわって作ったという、信玄餅吟造り。
吟造りの方が、蜜がちょっと茶色がかっていて、きな粉に黒い粒々(丹波黒豆)が見える。
味は・・・う~ん、個人的には、黒蜜の味がしっかりする、普通の信玄餅の方が好き。
page top
パワーの源

友人のあるお祝いに、薬膳鍋を囲む。
ここのところ仕事がとみに増え、週末休んでも(という割に出かけまくっているが)疲れがとれないワタシには、渡りに舟といったところ。

滋養満点のスープを飲んで、スープをたくさん吸った具材をいただき、楽しいおしゃべり・・・元気回復(*^。^*)
page top
ほぼ日手帳 WEEKS

1101名(イトイ、だそう)募集していたモニターに当選(^_^)v
高校時代の友人たちと、使ってみることに。

実はほぼ日手帳を2年くらい使っていたのだけど、あまりの重さに使わなくなった過去が・・・
去年くらいからは、Webカレンダー上(つい最近、MSNからGoogleに移行)でスケジュール管理しているので、それとどう組み合わせるかだなー。
page top
市松!

キレイにできてかなりうれしい(*^-')b

このパンは、パネトーネマザー粉末酵母という、いつものドライイーストと違うもので作ったパン。
ドライイーストに比べると、香りがかなりマイルドで、やさしい印象。
いつもだと40℃前後で発酵させるところ、30℃くらいでゆーっくりゆーっくり発酵させる。
砂糖も、いつもは上白糖を使うところ、和三盆を使った。

結局、こねから焼きあがりまで約4時間弱(!)。
時間かけたかいあって、市松模様もきれいに出たし、食感もっちり、味わい深い、おいしいおいしいパンになった。

発酵の待ち時間で、いちごジャム(写真右下)を作った。
ジャムは、いつか挑戦したいなと思っているものの筆頭。
ビンの煮沸が少々手間だったけど、それもしかたないなと思われるフレッシュなできあがり。
市販のジャムはなかなか使い切れないので、自分で好きな量作れるというのは、魅力的。
page top
努力はしたものの

2cmくらいしか飲めなんだ。

桔梗屋(信玄餅の会社)でお土産としていただいた、あずき茶。
あずきだけ(甘くない)の味がぐわ~~~っと・・・健康にはよさそうだけども、疲れた体には入っていかなかった・・・
page top
ぶどう狩りなう
はとバスに乗った。今回は、ぶどう狩りと紅葉を楽しむ旅。
2回目だけど、今回もあの黄色いバスではなく・・・いつかあれに乗りたいよ。


11月にぶどう狩りなんてできるのかー、と思ったら、品種と作付け時期を変えて、割と長く楽しめるものみたい。
今回は、甲州という、薄紫でややこぶりな品種。
収穫が終わった畑にまかれていた堆肥のせいで^_^;、あまり食欲わかず・・・

紅葉は、日川渓谷と河口湖のもみじ回廊を見学。
う~ん、もう1,2週間後がよかったかなー。
また、全体に色の鮮やかさももうちょっと?という感じ。猛暑の影響だろうか。

mtfuji_101103.jpg
紅葉はそんな感じだったのだが、その代わり富士山が道中ずーっと見えていた。
そもそも、晴れの特異日ということで選んだこの日、ラッキーだったなぁ~。

ただ、やはり中央道は激しい混雑、8:00出発20:00帰着の予定が、新宿に戻ったのは22:00すぎ。いやはや。

shingen-momo_101103.jpg
今回は会社へお土産を。
信玄餅の会社の別商品、その名も信玄桃!
page top
今のところセーフ

© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。