風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
1月の思い出
あ~、1月終わってしまうよ!

 dinner_120122.jpg
(左)恒例の初場所。おそらく初めての千秋楽生観戦。
放駒理事長の挨拶は何だかしみる(と思ったら、今場所で勇退だったことが後で判明)。

把瑠都の優勝が13日目に決まってしまっていたのでちょっと残念だったけど、全勝優勝がかかっていたのでたいそう盛り上がった。
さすが白鵬、取組前の気迫がものすごかった。
また、幕下も同点が8人もいて、おもしろかった。優勝した佐久間山は超有望株か。
あと、勢(いきおい)という四股名の力士もこれから注目してみよう。
今回は、表彰式の最後まで堪能。

(右)観戦後、『ちゃんこ巴潟』にて塩ちゃんこの夕ごはん。
肉・魚・野菜と、いろいろ入れちゃっていいの!というくらいたくさんの種類の材料を投入。
これが不思議とよいコンビネーション。
最後のおうどんまで、しっかりいただいた。

yokohama_harbour.jpg
いろいろいただきものも。
横濱ハーバーというお菓子。初めて知った。おいしい!

from_rk.jpg
秋田のお土産、ハタハタのひれ酒!
軽く炙ってカップ酒の中へ・・・3分待ってゴクリ。
おお~、香ばしい!
フグじゃなくてもひれ酒ってOKなのね~、新しい発見(*^。^*)
スポンサーサイト
page top
チビニーアマン
1回完結型のレッスンふたたび。
本日は、チビのクイニーアマン、ということでチビニーアマン。

クロワッサンのようにバターを折りこんで層を作っていく。
通常の授業のクロワッサンと違うのは、キャンバス地の上で打ち粉をふりながら作っていくので生地を動かすのが楽なところ。
それから、生地の重なりと成形にクロワッサンほど気を使わず、気楽に作れること。
層を作り終えて分割した生地をざっくり折りたたみ、ブリオッシュ型に入れて焼成。


こんな感じで、小さなお花のようなパンに。
グラニュー糖を指示された量の2/3くらいで作ってみたら(ふりかけたらかなりの量になって、恐ろしくなったので(笑))、かなり甘さ控えめ、その代わりバターの風味が前面に出たものに。

菓子パンの類ではあるけれど、割とシンプルな材料で気楽に作れるので、家で再現してみようかな。
page top
約330日後の予行演習
ここ半年ほど月2,3回のペースで行っている1回完結型のレッスン。
今日は、アイシングクッキーのお勉強。

線を引くアイシングと塗りつぶすアイシングは、それぞれ硬さを変えて作るのだと知ってビックリ。
デザイン画を描いてイメージをふくらませ、まず硬めに作ったアイシングで線を描く。
線が乾いて固まったところで、今度はやわらかめのアイシングで中を塗りつぶしていく。
線を描いたり面を塗ったりしたらいったん乾かして、そしてまた重ねていくと盛ることができるんだってー。
ABC_1day_120128.jpg
できあがり、こんな感じ。
ストーリー性をもたせるとおもしろいですよ~、と先生がアドバイスしてくれたのだが、特に関連はなく・・・^_^;
ま、共通しているのは「冬っぽい」というところかな。
盛ってみることを先生から勧められたので、家と雪の絵をほどこしたものに、自分のイニシャルを。


さらに、みつあみにしてリング型に入れたパンを焼き、それのデコレーションとしてアイシングクッキーを飾るとこんな風に。
前に作ったクラフトパンのクリスマスリースとともに、今年のXmasに作ってみようかな。こっちは食べられるしね。
page top
穴子で新年会
Yaちゃんと2人の新年会。
今年もよろしゅう~。

2人が前から気になっていた、穴子のお店へ。
今回は、骨せんべい・串揚げ・サラダ・穴子のだし巻き玉子、と、穴子づくしに(他のメニューもある)。
驚いたのが骨せんべい。
硬いだけかと思っていたら、香ばしくてジューシーで、山盛りで出てきたのをほとんど食べてしまった。

dinner_120126.jpg
最後に頼んだお重。
写真は、うな重のような「焼き上げ」(焼いてタレをつけたもの)、その他に甘辛いタレでたいた「煮上げ」もあったので、1つずつオーダー。
焼き上げは穴子とごはんの食感のハーモニーが楽しめ、煮上げは穴子とごはんが一体化した味わいが楽しめる。
個人的には、焼き上げに軍配。
page top
天使のチョコバナナ

天使のチョコリングシリーズの中で、これが一番好きだ!
page top
鬼門、フランスパン
パン職人さんがマスターするまでに何年もかかるんだから(この出来で)しょうがないかー、と毎回自分をなぐさめるのが恒例のフランスパン。

ABC_Master_120119.jpg
今回も、鬼門のクープ(切れ込み、これがうまく入ると売っているフランスパンのようにバカッと割れていいお味になる)がいまひとつ・・・

やっぱり、家でやってコツをつかまないと毎回のなぐさめからは脱却できないなぁ。
page top
新大久保
昨年ソウルに行ってひどく楽しかったので、一緒に行った友人Bと今度は新大久保に。
駅を降りるなり、人・人・人。
圧倒的に女性、それも10代と40代Upが多い印象。
完全にアウェーな30代2人、出発^_^;


まず、ソウルで食べておいしさと安さに感激した、タッカンマリでランチ。

その後化粧品が多く並ぶ通りを冷やかしたり(あれだけ買ったのに、またパック買ってしまった)、コーヒープリンスでお茶したり。
あまりにも人が多すぎて、その後行った新宿が普通に思えてしまった。密度の違い?
まだすいていそうな、平日に再訪したい。
page top
パン始め(スウィートブール)

さてー、今年もパンをがんばるぞー、ということで、早めのパン教室はじめ。
スウィートブールという、ビスケットのような生地をパン生地の上にかけて焼いたお菓子パン。

平日だと、だいたい20:00スタートのレッスンに。
仕事終わりで、頭が切り替わらないままにレッスンに突入することも多く、ミスをすることも。
今日はまず、分割を間違えた・・・
ご一緒してた方と先生に指摘され、大あわてでリカバリー。何とかなってよかったー。
そして写真には写っていない4つめのパン、ビスケット生地をかけるときに生地がやや傾き、ちょっとハゲのできたパンに。
今年は心を落ち着けて、おいしいだけでなく美しいパンが作れるようになりたいな。
page top
2012年
新しい年になった。
ともかく、心穏やかに過ごしたいものです。


母のお雑煮。
椎茸のおだしに、鴨肉と三つ葉、寿のかまぼこ、柚子が乗る。
自分でも作ってはみるのだけど、なかなか同じようには・・・
© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。