風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
辛いもので
20090521203732
辛いことを忘れよう。

ここ3,4週間、仕事で不毛なやりとりが続いていたので、気分転換に映画を観る予定が、お誘いにより方針変更。

しびれる中華のお店にて。
棒々鶏(写真)の後、残ったソースにゆでたもやしを追加してもらうのがこのお店流みたい。
しっかし、この写りの悪さ(これでもMaxの品質・サイズ)、すごいストレス・・・ケータイとっかえたい・・・しかし、夏モデルをHPで見た限り、どうも食指が動かない・・・

辛い注文は、棒々鶏・水餃子(ソースが辛い)・麻婆豆腐・汁なし坦々麺。
辛くない注文は、ピータン(ソースがんまい♪)・野沢菜と何か(忘れた)の炒め物。

前回はビリビリしびれて大変だったのだが、くちびるにソースをつけないように食べればどんどんいけることを発見(*^。^*)
水餃子食べ放題という、ランチに1度来てみたいなぁ。

仕事上の不毛なやりとりについては・・・ワタシがしていることは、結果的には押しつけなのかもしれない。
ただ、自分がこれではダメだと思っていることを受け入れるのは、おおげさに言えば仕事をする者としての自分を否定するのと同じ・・・なんだよなぁ。

とはいえ、自分のやり方を客観的に見る、あるいは見てもらって、微調整する時に来ているのかも。
ある信念を持って、自分のやり方を信じて仕事をすることは、もちろん大切だけれども(そうしないとふにゃふにゃになるよなー)。

うーん、思案がループ・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。