風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
大相撲五月場所・14日目(ややオールドファン編)
※この記事は完全に自分の世界です、すみません^_^;※

大相撲観戦。
一番の目的は、もちろん取組を楽しむこと・・・なのだけど、すごく熱心に見てた時代が少し前のワタシには、他にも興奮ポイントが。

それは、会場内で仕事をされている、現役を引退なさった親方衆!
残念ながら、今の力士の顔と名前、および所属部屋はよくて半分くらいしか分からないのだが、○○親方=元△△、というのは今でもだいたい把握している。

その1、切符をもぎってもらったのが、麒麟児さん(サンデースポーツなんかでよく解説をなさっていた)。
わざわざ話しかけてみたら、実に丁寧に応対くださった。
この時点でかなり興奮。

その2、審判部の人々(袴姿の人です、念のため)。
090523_o_01.jpg
井筒親方、元逆鉾。
もろ差しの相撲巧者、寺尾(現錣山親方)のお兄さん。

090523_o_02.jpg
立浪親方、元旭豊。
現役時代、「角界の松平健」と呼ばれた男ぶり、健在。

090523_o_03.jpg
そして陸奥親方、元霧島。
今日の東溜りは、どうやらイケメン席だったもよう。

さらにさらに、栃東親方も警備?として目の前を通りかかった。
しかし気づくのが遅く、後頭部のみ・・・
人間、憧れの人に会うと、「あ~~~~~!」としか言えなくなるということを知った。

そしてこの日、「あ~~~~~!」がもう1回起きたのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。