風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
糀甘酒、甘酒酵母パン
麹類にはまっている今日この頃。
はまったきっかけは塩麹なのだけど、その話はまた別の日に・・・

塩麹、味噌、と手作りするようになって(味噌の話もまた別の日に)、友人から「糀で作った甘酒おいしいよ!」という話を聞き、先週甘酒作りに挑戦。

amazake_1203_01.jpg amazake_1203_02.jpg
(左)全がゆ(1合)を炊き・・・(もち米だとさらに甘みが増すらしい。ワタシは普通のお米で)
(右)60℃まで冷まして、ほぐした糀を加えて混ぜる(70℃以上だと熱すぎて発酵しなくなってしまう)。
生より手軽に手に入るので、もっぱら乾燥糀で。
炊飯器を保温モードにし、ふたは開けっぱなしでふきんをかけて、そのまま・・・

amazake_1203_03.jpg amazake_1203_04.jpg
(左)1,2時間に一度かきまぜつつ・・・味見。
途中からものすごく甘くなって、ビックリ。
(右)自分の好みの甘さになったら完成。
だいたい6,7時間(本によっては、10時間と書いてあるところも)。
炊飯器からジャーをはずし、ふきんをかけてそのまま冷ます(だいたい一晩)。それから容器に。

amazake_1203_05.jpg
できあがったままだと(乾燥糀だから特に?)つぶつぶがかなり残るので、ミキサーでガッとひと混ぜ。

砂糖をまったく入れていないのになぜ!と思うような甘さになる。
酒粕のと違ってまったくのノンアルコールなので、ワタシにはだんぜんこっちだ。
豆乳や牛乳と割って飲んだらよいおめざという感じ。
デザートなんかも作れるし、煮詰めればみりんなんかの代わりにも使えるらしい。

amazake-kobo-bread_120331.jpg
今日は、甘酒にお水とドライイーストを入れて4~6時間おいて酵母液を作り、丸パンを作ってみた。
酵母液で作るのは初めてだけど、まずまずの出来かな。
ほのあたたかいところを食べてみた。やさしい味わい。

ますます、はまりそう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。