風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
桜のカステラ
通っている天然酵母の教室では、パンだけでなくお菓子のレッスンもある。

今回は、桜のカステラ。
生地は紅麹で鮮やかなピンク色に、てっぺんにはざらめと桜の葉をあしらって焼く。
カステラは本来、焼いている途中にオーヴンから出し、生地の中に残った大きな気泡をなくす「泡切り」という作業を3回行い、あの平らな生地を実現する。

今回もその作業あるのかな~、だとしたらけっこう時間かかるな~、と思っていたら・・・今回は、泡切りなしで焼き切る方法を教えていただいた。
もちろん、普通のスポンジのように多少表面が盛り上がったり亀裂が入ったりするのだけど、これなら極力フラットにできる。
まあ、家庭で作るものだしね。


手前が2日目か3日目のもの、奥の薄ピンクの生地がこの日のレッスンで焼いたもの。
色が変わるのもさることながら、寝かせた方が生地がしっとり落ち着いておいしい。

家ではプレーンで挑戦してみようかしら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。