風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
PortWine Trip:Day1~サウダージ~
今回の旅の目的地は、ポルトガルのPorto(ポルト)というところ。
ClassmateのJoがこの街出身で、案内してくれることになったのだ。
総勢約40名!


中央で背を向けて立っているのが、今回のツアーコーディネーター、Jo。


ホテルにチェックインし、その足で市庁舎へ。
写真は町の中心に近いところ。なのに、とてもノスタルジックなカンジ。
古い建物を、そのまま残そうとしているように見受けられる。
ポルトガル語のサウダージ(郷愁とか失ったものを懐かしむ感情、という意味がある、ポルノグラフィティの曲名にもなっている)という言葉を思い出した。


(左)市庁舎も、由緒たっぷりのたたずまい。
(右)ポルトのお偉いさんを表敬訪問。
スペイン語で話してくれた。分かったのは20%くらいかな・・・^^;


その後、いよいよ今回の旅の肝といってもよい、ポルトワインのワイナリーへ。
(左)この日訪れたのは、Taylor'sという超有名(らしい)老舗ワイナリー。
(右)ワインカーヴ(貯蔵庫)の中。
写真のようなヒトの身長の倍ほどもあるような大きさのものから小さな樽までいっぱい並んでいる。
ひんやりしていて、樽の木の匂いとあいまって雰囲気満点。


(左)見学を終えた後は、お待ちかねの試飲。
ポート(ポルト)ワインとは、発酵の途中でブランデーを加えるという変わった醸造方法のお酒。甘いので、デザートワインとしてよく飲まれる。
赤で熟成期間の違ったものを試飲。味の違いがくっきり。強い味だけど、熟成期間が長い方がコクがあっておいしかった。


その後、散策しながらホテルの方へ。
街にはドウロ川という川が流れていて、大きな橋がいくつかかかっている。
写真の通り、街並がとても美しい。
調べたら、市街地がポルト歴史地区として世界遺産になっていた。
はからずも、世界遺産をまた制覇。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

世界遺産いいですねーーー
本当にうらやましい限りです。
写真を見ていると、世界遺産に行ってみたくなりますね。

また旅行記楽しみにしていまーす。
ピーマン | URL | 2007/03/22/Thu 23:46 [編集]
>ピーマンさん
ゼヒ遊びにおいで。
世界遺産を一緒に堪能しましょう。
まぁ | URL | 2007/03/23/Fri 06:08 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。