風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
前からやってみたかった(シリーズ?)~粒あん作り~
せっかくの休みなので、時間のあるときにやってみたかったことを実行に移すことに。
それは、あんこを作ること。


(左)昨日から水に浸しておいた。水にうっすら色がついているので、これは捨てる。
(右)小豆と水(1:3くらい)を入れ、沸騰させる。1回目はゆでこぼす。


(左)ゆでこぼした直後。まだまだ硬い。
(右)小豆と水(またまた1:3くらい)を入れ、再び煮る。沸騰したら中~弱火。
こまめに灰汁をすくう。灰汁とりとの戦いってカンジ。
このまま1時間半くらい戦った。


(左)だんだん水が減ってきた。この辺で15分蒸らす。
蒸らした後、粗くつぶす。
(もうちょっと水を減らすか、少し水を捨ててもよかったかも)
(右)再び火にかける。砂糖を2~3回に分けて入れ、水分を飛ばしていく。
小豆と砂糖は1:1くらいらしいのだけど、砂糖はやや抑えめ(0.7~0.8くらい)に。それでも尋常じゃない量の砂糖が入る。様子を見ながら入れるべし。
沸騰がプツプツではなく、ボワッボワッとなってきて、ときどき顔にかかりそうになる。危ない。
甘さを決めたら、塩をひとつまみほど投入。味がしまる、らしい。


(左)そして完成!いや~、長かった分、感動もひとしお。
パン作るときもそうだけど、自分の子どもみたい。愛しい。
(右)いい具合にスペインのランチ時間(15:00くらい)だったので、ぜんざいを作ってみた。

小豆は、韓国食材店で2.5カップくらい買ったのをそのまま使用。
けっこうな量ができたので、ぜんざいに使った以外は全て冷凍庫へ。
ということでBarcelona在住かつあんこ好きの皆さん、食べにいらしてくださいor持って伺います。

ちなみに日本食材店に行ったら、同じくらいの量のが5ユーロ前後(値段3倍)していた・・・おいっ!
十勝産とかなのか?

「リタイア後にしたい生活」を先取りして実践でき、大変満足。
今度はこしあんにチャレンジしたいなぁ。

どんよりしていたものの、なんとかもったか?と思ったBarcelona、また雨の音が聞こえている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お~、あんこ作っちまいましたか
さすがですなぁ
祖父母が丹波篠山に住んでるので
よく黒豆とか小豆を送ってくれるけど
豆嫌いの私は、豆炊いたのとか
小豆とか、全く興味がなかった
でも、最近お豆を炊いたりするのも
大事だなぁって思ってきました
おばあちゃんみたいに、豆をパンパンに炊けるようになるには
修行が必要でしょうが。。。
あんこ食べ係になりま~す
小鹿ちゃん | URL | 2007/04/05/Thu 06:56 [編集]
いいぞー!
手作りあんこ最高!
写真つきで時間を追ってわかりやすい解説がいいねぇ~
私はまだ家ではトライしてないんだよ、豆買わんと。
個人的にはこしあん作りの方が醍醐味あって、あんこが愛しくなってきて(笑)好きだな。
Fumiっぺ | URL | 2007/04/06/Fri 00:11 [編集]
>小鹿ちゃん
ええ、ヒマができたらゼヒやってみたかったので、実行しちゃったよ。
時間をかけて何かをする、ってのは時々大事だな、と思うよ。
時は偉大なり。いろんな意味で。

>Fumiっぺ
Fumiっぺの和菓子日記にあんこを作ったと書いてあったのも、触発された理由なのだよ~。
こしあん、ゼヒ挑戦したいものだ。
まぁ | URL | 2007/04/06/Fri 09:56 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。