風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
江國香織『泣く大人』
最近、いろいろな人が日本の本を貸してくれる。
ありがたいことだ。


小鹿夫妻に借りた、江國香織の『泣く大人』。
エッセイだし、何度か読んだことがあるので、すらすらすらっと読めてしまった。

留学する前、もっぱらワタシは小説読みだった。
そして、現実にいそうな、でもどこか現実離れした主人公が多い彼女の小説を、かなり愛読していた。
『ホリー・ガーデン』や『落下する夕方』、『神様のボート』は何度読んだかしれない。たぶん100回くらいは読み返している。

だけど、今回はなんだかしっくりこなかった。
彼女のエッセイや小説の持つ空気感を味わうには、Barcelonaのこの気候は少し明るくからりとしすぎているような気がする。
灰色の雲がたれこめて今にも雨が落ちてきそうなところ、イギリスとかが似合いそう(灰色の雲、という点では、ミラノもよさげ)。

内容は、雨(彼女の飼い犬)や男友達、ほしいものについて。
小説の主人公同様、彼女もどこか浮世離れした人に思える。
井戸がほしい、鯨の歯がほしい(虫歯ができやすいようなので、まあ分からなくもない)とか。
なんとなく、遠くから見守っていたいような^_^;カンジ。

とはいえ、また新刊も出ているようなので、日本に行ったら要チェック!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

小説いいですねぇ!
私も江国香織好きでした~。しかし所変われば受ける印象も違うモンですねぇ。。
それと、忙しいのに読書&映画鑑賞なんて素晴らしい!私もそのアクティブさを見習わねば~!
holakuni | URL | 2007/06/20/Wed 02:19 [編集]
>holakuniちゃん
読む環境って、日本にいたときは意識してなかったよ。
これも、海外に来て発見した面白いことの1つかな。
今度は、勉強がてら、村上春樹かよしもとばななのスペイン語訳版を読もうと計画中。

>私もそのアクティブさを見習わねば~!
いや、holakuniちゃんのがんばりこそ、ワタシと小鹿ちゃんはいつも感心しているんだよ。
こちらこそ、見習わせてもらいます!
まぁ | URL | 2007/06/20/Wed 06:01 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。