風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
KAWABATA・MISHIMA・MURAKAMI、そして爆竹
スペイン語の特訓の途中から、「読む」ことにチャレンジしたいな、と思っていた。

が、昔から「外国語で小説を読む」のがなぜかとっても苦手。
・・・そうだ、日本の小説で読んだことあるモノならイケるかも!ということで、さっそくfnac(ビックカメラ+タワーレコード+丸善をかなり薄めたカンジ(笑)、でもWiiも売っている、こっちでは山積み)へGo。

本当はよしもとばなながよかったのだけど、好き度のあまり高くない『アムリタ』しか見当たらなかった。
ということで、ハルキムラカミの『スプートニクの恋人』に。
(そういえば前、こんな記事をUpしてたのを思い出した)
夏休みの宿題、ということで気長に・・・

日本の作家だと他には、川端康成と三島由紀夫、そして安倍公房が複数置かれていた。
あと、源氏物語と平家物語も!
後者2冊は、観察した限り手に取る人はおらず。
もしいたら、かなり感激なのだが。

さて、明日はSan Joanという、夏の到来を祝う日。
どうやって祝うかというと、爆竹と花火で。
今日はまだ前夜祭だというに、外では狂ったように皆爆竹と花火をやっていて、相当うるさい。
Barcelonaの中では比較的静かなこのエリアでさえこうなので、中心の方はどうなっていることやら・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。