風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
東京タワー
勤務しているフロアの、いつも行かない方(ウチの会社はなんだか横?縦?に長い、2~300mくらいあるんじゃないだろうか)のはしっこに行ってみたら、光る東京タワーが見えた。

留学前は、夜遅くまで仕事してて疲れると、あんなによく見に行ってたのに。

忘れてて、ごめんよ。

ちなみに、書籍の『東京タワー』といえば、ワタシにとってはリリー・フランキーではなく、江國香織のそれ。読んだことあるかないかの違い・・・

彼女の著作の中では、東京タワーは「地味でやさしいおじさんのよう」と表現されている。
主人公が大学生だからかもしれない。
ワタシの場合はもうちょっと年が近いせいか、めったに会わないけどときどきどうしているかと気になる、従兄弟のお兄さんのような存在。

こうやって遠くから眺めたり、深夜のタクシーで脇をすり抜けたりする距離感(?)がちょうどいいとずっと思っていたけど、そう遠くないうちにお近づきになりたいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。