風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
海堂尊『チーム・バチスタの栄光』
遅ればせながら読破。
またもや睡眠時間を削り、3時間弱で読み切ってしまった・・・止まらない。
次に控えるは、東野圭吾『さまよえるう刃(間違えた・・・失礼)』・・・寝る前に読むのは我慢。

おおかたスイスイ、というかグイグイ読めてしまう。
『このミステリーがすごい!』受賞作だけど、文章そのものを丹念に味わう(=文章の中にヒントや複線がある)タイプではない。
ジェットコースターに乗せられているような感覚。
きっと著者も、すらすらすらっと書いてしまったんじゃないだろうか。
内容は決して軽いだけのものではないけれど、久々に読後のスカッと感を味わった。

反面、専門用語の部分はちょっと重い。
小休止の意味もあるのかもしれないが、せっかくのスピード感がそがれるような気が個人的にはした。

主人公コンビ(田口・白鳥)の別の作品もあるようなので、要チェック。

ご多分にもれず映画は観ていない。
白鳥(映画では阿部寛)と藤原さん(同じく野際陽子)が、自分のイメージと全然違う・・・
でも、主人公も男性から女性になっているし、別物と思えばおもしろそうではある。

【あらすじ(引用)】
桜宮市の東城大学医学部付属病院はフロリダのサザンクロス心臓疾患専門病院から心臓外科の権威、桐生恭一を招聘し心臓移植の代替医療であるバチスタ手術を専門に行うチーム、『チーム・バチスタ』を結成、『チーム・バチスタの奇跡』と呼ばれる程の驚異の成功を収めていた。しかし成功率100%だったチーム・バチスタが3例立て続けに謎の術中死に遭遇する。医療ミスか、単なる偶然か、それとも故意によるものか。マス・メディアにより世間の注目を集める中、疑念を解明するため病院長・高階は神経内科学教室の万年講師で『不定愁訴外来(別名・愚痴外来)』の責任者・田口に内部調査を命じる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。