風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
箱根駅伝2009(往路)
hakone2009_01.jpg
2日から、Pさんと箱根駅伝の生観戦に。
3年越しの願いが実現!

どの区間を応援しようか(一応がんばれば全区間応援できる(そういうガイド本が存在)のだが、初心者&ノープランの2人のためそんな気はなく・・・)協議した結果、エースが集まる"花の2区"および5区(山登り)を観ることに。

混んでいる横浜駅前は避け、1つ先の保土ヶ谷駅で待ち合わせ。
集合8:30。
このあたりを選手が通過するのは、その1時間後くらい。
・・・気合入ってるんだかそうでないんだか、自分たちでもよく分からず。

着いてしばらくすると、だんだん人の数が増えてきた。
いやがおうにも盛り上がる、盛り上がりつつ、最前列で見られる場所に移動。

そして・・・
hakone2009_02.jpg hakone2009_03.jpg
(左)日大のダニエルくん。
1人だけ明らかに違う、足長すぎ!!!
この後、20人抜きというものすごい記録を打ち立てたのであった。
(右)2区なので、そんなに差はついていない。
ということで、このように集団で通過するグループも。

特にひいきのチームはない(準備不足とも言う)ので、全大学応援。
本当に選手たちはびゅんびゅん通り過ぎていく。
選ばれた選手たちだけあって、みんな体が美しい。

この後、5区へ移動。
小田原駅で降りて芦ノ湖行きのバスを探す。
あ、あった!
バス会社の人に「乗りますか?」と聞かれたが、昨夜のにわか勉強をぼんやり思い出し、冷静に断る。
結果、次に乗ったバスが選手たちと同じコースをたどっていくことに。
いろは坂ばりのヘアピンカーヴ&上りのきついこと!
これをかけっこで上るって!!!(ワタシたち、楽しちゃってごめんなさい)
最初寝てしまったが、車窓から応援のため待機する人たちも見え、大満足。
スーパーファインプレイ、その1。

元箱根(ゴールから1.5kmくらい)でバスを降り、沿道へ。
hakone2009_04.jpg
おうおう、各大学(この場所では早稲田と専修)の応援合戦。
まだ選手は来ないので、皆沿道に背を向け、釘付け。
これをバックに、Pさんと自分たち撮り。
これが、アングルといい楽しげな自分たちの表情といい、最高の1枚に(Pさん撮影)。
スーパーファインプレイその2。

・・・そして、来た!!!
hakone2009_05.jpg
今回の箱根は、各大学の力も拮抗しているのが観ているだけで感じ取れ、大変面白いレースだったのだが、往路のハイライトがこれ(写真ボケてるけど)。
東洋・柏原くんと早稲田・三輪くんのデッドヒート。

この後、東洋が早稲田を突き放し、往路優勝。
5分差を上りでひっくり返すなんて、ありえないと思われたことが起きてしまった。

hakone2009_06.jpg
肝心の写真がピンボケなのでもう1枚。
高低差約800mを上ると、やはりみんな苦しい表情。

前日のニューイヤー駅伝を見ていて(・・・)感じたのが、出場選手全員の体調をある1日に集約してピークに持っていくことの難しさ!
ブレーキを起こしてしまった選手もいたけれど、何とか全チーム走りきってくれた。よかった~。

夜、復習にとTVをつけたのだが、スポーツニュースなどやっておらず。
く、くぅ・・・

長くなったので、復路は別の記事で(興奮しすぎ)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。