風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
餃子ウォーキング:蒲田(~品川)~広尾(~六本木)
本日もお日柄よく、餃子ウォーキングに出かけました。

lunch_090503_01.jpg
今日は蒲田から。
会社の方が絶賛しておられた、『歓迎』というお店。
11:30すぎに入店したら、なかなかの埋まり具合。

Wow、いろんなメニューが!
ひとまず、焼餃子を注文。かなり出てくるのが早い。
lunch_090503_02.jpg lunch_090503_03.jpg
(左)ウワサどおり、羽根つき。
(右)裏返してみると、コロンと愛らしい姿。
さっそくかじると・・・中のスープがピュッと!
1個めで、ストールを汚す・・・orz

でもそれは、ワタシの大好きな肉汁(というかスープかな)がたーーーっぷり入っているしるし。
あんにもしっかり味付けがされていて、これだけでもおいしいかも。
そして、皮もモチモチしていておいしいーーー。

lunch_090503_04.jpg
水餃子も頼んでみる。
あんの味は焼きに似ている、皮が少し厚めかな。
水餃子は調理法のせいで、水っぽいなぁと感じるものも多いけれど、こちらのはあんにしっかり味がついているせいか美味美味。

周りの方はいろいろなメニューを頼んでいて、とても気になったのだけど(ラーメン380円だし!)、餃子(2人で焼き×5、水×1を完食)とビールのみで終わってしまった^_^;
このお店を勧めてくれた方からも、トマトと玉子の炒めもの頼んで!と言われていたのだけど・・・また来よう。

この後、第一京浜沿いに品川へ。
品川という地名が見えてからが長く・・・8kmくらい通しで歩いたせいか、ぐったり。
お茶を飲んで、その後マッサージで爆睡(あまり意味なし)zzz

lunch_090503_05.jpg
移動前に、ソフトクリームが食べたくなり、KIHACHIの黒胡麻&濃厚牛乳のミックスを。
・・・何コレ!!!
濃厚牛乳の方、すごい・・・乳製品好きにはたまらない、濃さ。
思わず叫んでしまい、笑われる。

広尾へ移動(もちろん徒歩)。
dinner_090503_01.jpg
『67餃子』という、元横綱の武蔵丸がプロデュースしたお店。
経営母体は、あの『蟻月』。
かなり期待。
お店自体は、細長ーーーい。Max15人というところ。
細長いカウンターで大きめのお兄さんたちが働いている姿は、けっこうユーモラス。
(30分以内の到着なら、予約を受け付けるとのこと)

dinner_090503_02.jpg
焼き、鉄鍋餃子。
ポン酢+ゆず胡椒のたれと、辛味だれの2種類でいただく。
パリパリの外の皮、中身は、うーんけっこう油っぽい。
でもなんとなく食べられてしまう・・・武蔵丸マジックか。

dinner_090503_03.jpg dinner_090503_05.jpg
このお店にあるもう1種類の餃子、とんこつ炊き餃子。
(左)スープ餃子の仲間みたいなカンジで、水餃子をとんこつスープで炊いてある。
うーーーん、これはおいしい!
うまみたっぷりのスープがモチモチの皮によくしみていて、お鍋みたいな感覚で食べられる。
スープも時間が経つと油が浮いてくるのだけど、あまりしつこくない。
(右)お鍋みたいに、〆にちゃんぽん麺を入れてもらう。
これがまた、とんこつラーメンみたいでGood。
次回は麺固めにしてもらおう・・・
水餃子の方がおいしいと思ったお店は、初めてかも^_^;

dinner_090503_04.jpg
肉巻きおにぎりもおいしそうだった。
おつまみも豊富で、いろいろ楽しめた。

お店が狭すぎてあんまり話ができなかったので、六本木へ移動して(もちろん徒歩)お茶。
楽しかったーーー。

歓迎 本店
大田区蒲田5-13-26 大田区生活センター1F
Tel:03-3730-7811
営業時間:11:30~14:00、17:00~23:00
※あやめ橋(蒲田から京急蒲田方面へ行く途中)の近くに支店あり

67餃子 広尾店
渋谷区広尾5-17-8 アプリシエ広尾ビル101
Tel:03-5424-6340
営業時間:17:00~24:00
※到着30分以内なら、席の予約可
※恵比寿に支店あり
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。