風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
熱海
数年ぶりに熱海へ。
GW中盤に荒れた天気も、まずまず回復傾向。

日本の各地域が、それぞれに工夫して町興しをしている中、駅前の商店街以外は割と閑散としている熱海・・・
海沿いの通りも、空きや休業中?のお店やホテルが何となく目につく。
温泉自体はとても好きなんだけどなー。


貫一お宮も、そりゃあ赤茶けちゃうよねぇ。
page top
噴火しよっと!

桜島を一周するというバスツアーに参加。

鹿児島市内の小学生はヘルメット持参で登校、とか、降灰のためほこりっぽい車が多い、とか聞いたいろんなこと、納得~。
何より驚いたのは、活火山の島で生活している人がいるということ。
しかも、今年は本当に噴火(火口から噴き出す固形物が100~300mで垂直または平行に飛ぶこと、それより広範囲の場合は爆発)が多いとのことで、もう800回を超えているそうだ。
この日も、写真向かって右側の火口から煙が上がっていたし、桜島大根の畑にもうっすら灰が積もっていた。

とにもかくにも、雄大という言葉がとてもよく似合う(加山又造氏の『火の島』にもよく表れている)。
page top
これがホントの温泉卵なう

page top
ぶどう狩りなう
はとバスに乗った。今回は、ぶどう狩りと紅葉を楽しむ旅。
2回目だけど、今回もあの黄色いバスではなく・・・いつかあれに乗りたいよ。


11月にぶどう狩りなんてできるのかー、と思ったら、品種と作付け時期を変えて、割と長く楽しめるものみたい。
今回は、甲州という、薄紫でややこぶりな品種。
収穫が終わった畑にまかれていた堆肥のせいで^_^;、あまり食欲わかず・・・

紅葉は、日川渓谷と河口湖のもみじ回廊を見学。
う~ん、もう1,2週間後がよかったかなー。
また、全体に色の鮮やかさももうちょっと?という感じ。猛暑の影響だろうか。

mtfuji_101103.jpg
紅葉はそんな感じだったのだが、その代わり富士山が道中ずーっと見えていた。
そもそも、晴れの特異日ということで選んだこの日、ラッキーだったなぁ~。

ただ、やはり中央道は激しい混雑、8:00出発20:00帰着の予定が、新宿に戻ったのは22:00すぎ。いやはや。

shingen-momo_101103.jpg
今回は会社へお土産を。
信玄餅の会社の別商品、その名も信玄桃!
page top
カモメにあげる前に

人間がむしゃむしゃしちゃってますが。

松島に行きました。
今年2回め。まさかここに、年に2回来ることになろうとは。
『海風土(うぶど)』という、バリのウブドゥをモチーフにした旅館に宿泊。
松島温泉って、つい最近(2008年)に開湯したらしい。
源泉が2種類あるようで、『海風土』のお湯は少しとろみがあり、肌をやさしく潤してくれる感覚。

そして今回は、念願?の遊覧船に乗船。
カモメにあげる用で、2個100円でかっぱえびせんが売っていた。
4個買って、約1個は人間が味見^_^;

2010091211360000.jpg
船が出発するやいなや、カモメがこんな感じで!
かっぱえびせんを投げるとキャッチする!そして、つまんでさしだすと持っていく(ワタシは恐ろしくてできず)!

着いた先は、塩釜。
お寿司を食べまーす♪
page top
ゆりと白樺

前日、塩原温泉に宿泊。
お風呂重視で選んだ旅館、ビンゴ!
トロトロのお湯、お肌つるつる~(維持が問題だが^_^;)。

翌日、帰る前にゆりパークへ。
冬はスキー場のここ、リフトで上がって、ゆりたちを見ながら下りてくる。
標高1,300m。翳ると涼しい。翳るとね。

ちょこちょこ休憩しながら東京方面へ。
蓮田SAで下りた瞬間、熱風が・・・埼玉、暑すぎ~~~(@_@;)
page top
緑と川

近年、祖父母宅1泊+帰る途中の温泉1泊、となっているので、この日は朝ごはんをいただいて祖父母宅を後に。

ママンが高校生の頃通った道などを通り、お土産を調達。
その建物の裏の、最上川。
いいなぁ~。
© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。