風に吹かれてどんぶらこ~、と2006年8月、スペイン・バルセロナに流れ着きました。 ESADE MBA(18-month programme)を経由し、2008年4月より再びトーキョーに戻ってきました。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ここ3ヶ月で作った天然酵母パン
天然酵母のパン教室、変わらず続いている。
イーストと違って、酵母の出来で仕上がりが変わるところに、すっかりハマっている。
教室でこねて持ち帰った生地で作ったパンたち。

ドライメロンを入れた、パネトーネ。


イタリアっぽい軽いパーティーパン。サンドイッチに。


赤ワインブレッド、チーズをたっぷりと。


デニッシュ。
いちごを使って赤いラインを出した。これがかなりかわいい見た目。
型がなかったものの、何とかハート形に。
page top
とろとろキッシュ
お菓子のレッスン枠ながら、この日はキッシュ。
キッシュ・・・バルセロナでよく作ったな~。

自分のレシピは適当だけど、先生のはこれまた新感覚。
中味がトロトロなのである。
page top
酵素の教室: 持ち寄りパーティー
5回シリーズの酵素の教室、最終回。
これまで勉強してきた酵素を使った料理を持ち寄ってパーティー。


私は塩麹とパイナップル酵素、W酵素を使った煮豚。

一緒に受講していた皆様の作。
エレガント…自分の煮豚が男の料理に見える(((^_^;)


先生から、ブラウニーのお土産も(*^^*)
page top
手作りの波
ときどき、ガッと押し寄せる、手作りしたい気持ち。

今回は、消費しないといけなかった天然酵母のパン種と、新しく買ったCuoca×CHIYODAのマフィン型とで、スコーン(奥)とプレーンなマフィン(手前)。


スコーンは高橋雅子さんの本からで、最低48時間冷蔵庫で寝かせてから焼く。
寝かせてしまえば冷凍もできるので(しないうちに焼いて食べちゃうが(^▽^;))、思い立った時に焼くだけ、というのもできる。
これまで自作スコーンは、栗原はるみさんのカッテージチーズ入りが定番だったが、これはザックリとした食感と酵母の風味がおいしい。
page top
栗のテリーヌ
ケーキのレッスン。
今回は、しーっとりした栗のケーキ。
生地にも栗、具にも栗。
作ってプレゼントしたら、大喜びしそうな人たちの顔が思い浮かぶ。

これまた、酵母の香りがよく合うケーキ。
page top
レトロドール
先生のお手本、教室にて。


持ち帰った生地、自宅にて。
調子に乗ってちょっとひねりすぎた~、食感が若干かたい。
page top
モン・サン・ミシェルの名物オムレツ
前の会社でいろいろとお世話になっていたMaが再び来日、ということで、ゆかりの人々と集まってお食事。

モン・サン・ミシェルのオムレツ、まさか日本で食べられるとは!


東京って、食べられない料理はないんじゃないかというほど、いろいろな国の料理が食べられる。
もちろんそれは素晴らしいこと、ただ、その土地の空気や物語の中で食べるとよりおいしいものもあるね。
(再会自体がどうのこうの、ということではなく、念のため!)

ラメールプラール
※予約がおすすめ
© どんぶらこにっき. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。